看護師求人離島ランキング

離島で看護師を始めませんか・・・?人生が変わる転職・・・

「都心の病院で何度か転職したけど都会の雑踏は私には会わない」「沖縄などで趣味を謳歌しながら看護師としてある程度の生計を建てたい」など様々な理由で離島に転職する人が増えています。特に南の島は風土的にもゆったりしていますし、まさに人生が変わる転職になるはずです。家賃なども安く経済的にも豊かになれるとの声も多いです。

離島でいきなり求人を探すといってもまあ自分ではなかなか探せないわけでマイナビ看護師などの転職サイトを使いましょう。離島の求人案件はもちろん人口の多い都会の求人に比べてら出にくくはあるのですが一定数は定期的に出てきますのでまずは登録してみましょう。 ナースフルベネッセMCMなども併せて登録することでより新しい情報をGETできるので複数サイトの利用がおすすめです。

離島で職探しをする時に役立つ看護師求人サイトランキング

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート運営の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※医療界に精通したスタッフが多くて安心


看護師さんが離島へ転職するメリットとは?

看護師にとって良い職場とは、どのようなものなのか。それはやはり人それぞれだと言えます。都会の真ん中で働いている方が幸せに感じる人もいれば人口の少ないローカル都市で働く方がゆったりしていいと思う人もいるでしょう。そんな中で看護師さんが離島へ転職するメリットは何でしょうか。過去に離島へ転職した人の話を基に考えてみたいと思います。

まず離島に転職する場合にどれくらいの期間で行くのかということです。例えば永住するつもりでいくのと独身の間に2年間くらいいくのでは異なります。長期の求人も中期の求人もどちらもあるのですがまずは自分でどれくらいの期間で目安に行くかは前提として考える必要があるでしょう。

どれくらいの期間で務めるかが決まれば次は転職先の決定、実際の引っ越しになりますが赴任費用(旅費・引越し代)は基本的には病院より支給されることが多いです。離島は基本は看護師不足が深刻なので都会から来てもらう場合はかなり手厚くケアしてもらえます。諸設備付きマンション完備というのもほとんどの案件共通なので敷金礼金なども不要で身軽に赴任できます

実際に東京から石垣島へ2年間転職した某看護師さん(27歳)のインタビューの内容を少し書くと、東京では月収手取りで28万円程度+ボーナスで2交代勤務だったのですが、石垣島では月収手取りで34万円程度+ボーナスで日勤専従+家賃は100%補助だったそうです。給与が上がった以上に家賃の支出も減りすごく貯金が溜まったと言っていました。あと何よりその方はダイビングが趣味だったのでプライベート面でも毎日旅行に行っているような感覚だと言っていました。(さすがに2年で退職金は出なかったそうですが)

上記は離島への看護師転職の一例かとは思いますが都会での勤務に不満がある人は人生観を変える意味でも一度離島へ転職するのも選択肢の1つとしてありかもしれません。まずはマイナビ看護師などに登録して離島の案件を見てみましょう。


>>マイナビ看護師で離島への転職をスタートする<<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人離島ランキング All Rights Reserved.