看護師求人離島ランキング

佐渡島

看護師の年間の離職率というものは、10パーセントを未だに越えている状態です。せっかく苦労をして看護師資格を取得しても、そのほとんどが1年未満や長くても3年までの間に、看護師という職業をやめ、新しい仕事に就いているということになります。その要因の多くは、多忙を極める仕事内容と、拘束時間の長さ。プライベートなどはまったくないというような状況に、現実の厳しさを感じ、看護師としてやっていく自信を喪失したり、その意義を見失ってしまうことがほとんどなんですね。

こういった場合には、ゆっくりとマイペースで働くことができる、地方都市での看護師転職をオススメしますよ。その中でもオススメなのが、離島での看護師転職です。その中でも選択肢として新潟県の西部に位置している佐渡島は何気にオススメの案件です。新潟県西部に位置する周囲262.7kmの島で、佐渡全域を市域とする市が、新潟県佐渡市なんですね。人口は63,328人となっています。面積は855.26km2。kじょれは本州などの主要4島と、北方領土、そして沖縄本島に次ぐ面積であると言えるのです。

気候はというと、佐渡全体としては、佐渡沖を、暖流の対馬海流が流れている影響から、冬は、新潟県の本土側に比べて、気温が1 - 2度程度高くなっています。つまり積雪は少ないという地域になりますね。ただ、大佐渡山地の北西側の相川地域のように、北西方向からの季節風を受ける地域もあります。夏は、周りが海のため、朝と夜の温度差は本土のそれより小さくなっていて、気温は新潟県の本土側に比べ1?2度程度涼しいという特徴があります。つまりは夏は涼しく、冬は暖かいというような非常に過ごしやすい土地でもあるというところが、何気にメリットが高いと言えるでしょう。

気になる医療施設ですが、佐渡島内に医療施設は6施設。この6つの施設で、63000人の健康を管理していくということになりますね。お互いの連携が取れていること。また島の診療所では対応できない場合には、ドクターヘリなどで、本土の病院への搬送作業などが必要になってくるでしょう。

佐渡島の看護師求人を見てみると、やはり本州のそれとくらべ、給与は安めです。17万円前後の基本給に諸手当がプラスされ、19万円程度の給与というのが相場のようですね。しかし島民からのニーズや信頼度は高く、都会などの病院に比べると、のんびりと看護活動を行っていけるというのは、何よりも高いメリットと言えるのではないでしょうか。

離島で職探しをする時に役立つ看護師求人サイトランキング

マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルート運営の仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※医療界に精通したスタッフが多くて安心




▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人離島ランキング All Rights Reserved.